Microsoft、1月のセキュリティ更新プログラムで米NSAから報告された脆弱性を修正
Microsoftは1月のセキュリティ更新プログラムで合計14件の脆弱性を修正しているが、このうちCVE-2020-0601には報告者として米国家安全保障局(NSA)が挙げられてい
2020.01.18 スラド
効率的に不正接続を試みるリスト攻撃プログラムが見つかる
流出したIDとパスワードの組み合わせリストを使ってほかのサービスへの不正ログインを狙う攻撃は「リスト型攻撃」と呼ばれるが、これを使ってメールアカウントを奪取し、さらにそのアカウント
2020.01.17 スラド
2020年も脆弱性に注意:「CVE-2019-19781」と「CVE-2020-0601」
先日の記事でもまとめたように、最近のサイバー犯罪では、フィッシング詐欺など利用者をだます手口が攻撃の中心となっているように見えます。ただしそれと同時に、攻撃に利用可能な脆弱性が存在
2020.01.17 トレンドマイクロ セキュリティブログ
マイクロソフト、最後のWindows 7向けを含む月例セキュリティ更新を公開
マイクロソフトは1月15日(日本時間)、月例のセキュリティ更新プログラムを公開しました。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)およびJPCERTコーディネーションセンター(JPCE
2020.01.16 トレンドマイクロ is702
Chromiumベースの新Microsoft Edge、延長サポート終了後もWindows 7をサポート
headless曰く、 Windows 7の延長サポート終了翌日に正式版がリリースされるChromiumベースの新Microsoft Edgeだが、延長サポート終了後もWindo
2020.01.16 スラド
10億件を超える医療画像がオンライン上で公開状態になっているという指摘
Anonymous Coward曰く、 最近の医療機関ではデジタル化が進み、さまざまな医療画像もすべてデジタルで記録・保存されるようになっている。しかし、少なくない医療機関でセキ
2020.01.16 スラド
「宅ふぁいる便」サービス終了
昨年1月、オージス総研が運営するファイル転送サービス「宅ふぁいる便」に不正アクセスがありユーザー情報が漏洩する事件があった(過去記事)。同社はシステムの再構築を目指し一時的にサービ
2020.01.15 スラド
翌月払いでの商品購入ができるサービス「Paidy」を悪用した詐欺が発生
「Paidy」という、翌月払いで商品購入が行えるサービスを使った詐欺がフリマアプリなどで発生しているようだ(ITmedia、Togetterまとめ)。 手口としては、悪意のある出品
2020.01.15 スラド
不正コインマイナー感染ルータを78%減らすことに成功、トレンドマイクロとインターポールが連携
トレンドマイクロは1月14日、公式ブログで「インターポールとの連携によりクリプトジャッキングの被害ルータを78%減少」と題する記事を公開しました。 コインマイナーを使用した不正な
2020.01.15 トレンドマイクロ is702
ライター用オイル缶の新幹線持込発覚で約6万円の増運賃が請求される事件
Anonymous Coward曰く、 西日本新聞が、新幹線の車両内へのライターオイル持ち込みについて取り上げている。これによると、東海道新幹線に市販の缶入りオイルライター用オイ
2020.01.15 スラド