日本郵便のインターネット転居届『e転居』、オンラインによる本人確認を導入
日本郵便は17日、同社のインターネット上で転居届を受け付けるサービス「e転居」で、本人確認を導入すると発表した。この本人確認は9月24日より導入される。本人確認に利用される書類は運
2021.09.23 スラド
「アプリのアクセス権限」、適切に設定していますか? IPAが注意呼びかけ
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月14日、スマートフォンを安全に利用するために重要な「アプリのアクセス権限」についてあらためて注意をよびかけました。 スマートフォンにア
2021.09.21 トレンドマイクロ is702
2021年上半期のサイバー脅威、ランサムウェア被害が急増し前期の3倍近くに|警察庁
警察庁は9月9日、2021年(令和3年)上半期におけるサイバー空間の脅威情勢について、観測データなどを分析した結果を発表しました。 2021年上半期は、ランサムウェアによる攻撃、
2021.09.15 トレンドマイクロ is702
暗号メールサービス ProtonMail、IP アドレスのログを保存しないとの記述を公式サイトトップページから削除
暗号メールサービス ProtonMail では匿名性の高さをセールスポイントの一つにしており、IP アドレスのログを保存しないと説明していたが、これらの記述が公式サイトトップページ
2021.09.11 スラド
KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」を模倣したフィッシングサイト
KADOKAWAのは9月3日、小説投稿サイト「カクヨム」の偽者が登場しているそうだ。ユーザーのアカウントやパスワードを盗み出すことが目的とみられている。この偽サイト上では、一部の作
2021.09.07 スラド
Apple、デバイス上での児童性的虐待素材スキャンなどの計画を延期
Appleは 3 日、子供を性的虐待から守る取り組みの強化計画を延期すると発表した(Apple - Child Safety、 The Guardian の記事、 The Verg
2021.09.05 スラド
ゆうちょ銀行、クラウド保存したパスワードを第三者が盗み取る事例増加から注意喚起へ
ゆうちょ銀行は8月27日、クラウドサービスを利用したメモアプリ上の暗証番号等を盗み取る手口の犯罪が多発していることから、注意喚起を促すリリースを出した(ゆうちょ銀行)。 クラウ
2021.09.04 スラド
ProjectWEB不正アクセスで中国系ハッカー関与の疑い。暴露サイトに新たなデータ掲載との報道も
以前話題となった富士通の情報流出に関する報道が複数行われている。朝日新聞の記事によれば、ProjectWEBにアクセスしたハッカーが東京五輪や原発に関する情報を検索した履歴があるこ
2021.09.01 スラド
【注意喚起】厚労省「ワクチンナビ」を騙る偽サイトが出現、クレジットカード情報を要求か
トレンドマイクロは8月30日、厚生労働省のコロナワクチン情報サイトを偽装するフィッシング詐欺サイトを確認したとして、あらためて注意を呼びかけました。 厚生労働省では、特設サイト「
2021.08.31 トレンドマイクロ is702
高木浩光氏、日本版ePrivacy立法を目指すのであれば、通信の秘密の概念そのものを見直すべき
おなじみの高木浩光氏が、総務省がパプコメを募集していた「プラットフォームサービスに関する研究会 中間とりまとめ(案)[PDF]」(以下中間とりまとめ案)についての意見を上げている。
2021.08.28 スラド