1
【注意喚起】「プライム会費のお支払い方法に問題があります」Amazonからの通知を装う偽のSMSに注意
「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら:<不正なURL>」などの文言で、フィッシングサイトに誘導するメッセージを確認しています。 大手ECサイトA
2021.01.21 トレンドマイクロ is702
2
すでに攻撃に悪用されている脆弱性や、新たなExchange Serverの脆弱性修正を含む、4月のセキュリティ更新プログラム公開|マイクロソフト
マイクロソフトは4月14日(日本時間)、月例のセキュリティ更新プログラムを公開しました。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)およびJPCERTコーディネーションセンター(JPCE
2021.04.15 トレンドマイクロ is702
3
トレンドマイクロ株式会社製パスワードマネージャーにおける DLL 読み込みに関する脆弱性
アップデートする すでに当該製品を使用している場合、開発者が提供する情報をもとに最新バージョンへアップデートしてください。プログラムアップデートは自動的に配信・適用されます。 なお
2021.04.19 JVN
4
Chrome利用者はアップデートの確認を
4月14日(現地時間)、GoogleはWindows、Mac、Linux向けChromeのアップデートを公開しました。 今回のアップデートには37件の脆弱性(セキュリティ上の欠陥
2021.04.15 トレンドマイクロ is702
5
Schneider Electric 製 C-Bus Toolkit における複数の脆弱性
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 非特権のユーザがファイルを変更することによって、任意のコードを実行される - CVE-20
2021.04.16 JVN
6
Microsoft、5月10日からSHA-2アルゴリズムへ全面移行
Microsoftは14日、SHA-2アルゴリズムへの全面移行計画を発表した(Windows IT Pro Blogの記事、 KB5003341)。 太平洋時間5月9日16時(日
2021.04.18 スラド
7
カプコン、昨年発生の不正アクセス事件の調査結果を発表。古いVPN装置が原因
カプコンは13日、2020年11月に外部からランサムウェアによる攻撃を受け、個人情報が流出した事件に関して、第三者による検証結果を発表した(カプコンリリース、ITmedia、過去記
2021.04.15 スラド
8
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2021-2161等)
脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用 - Oracle 社から提供されている最新版に更新してください。 Java のアップデート方法 次の URL にアクセスし、Ja
2021.04.21 IPA
9
2021年1月〜3月のセキュリティ脅威や危険性の高い脆弱性についてあらためて確認を|JPCERT/CC
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月15日、2021年1月〜3月に確認された脆弱性情報・脅威情報について、あらためて注意を呼びかけました。 2021
2021.04.20 トレンドマイクロ is702
10
ジェイテクト製 TOYOPUC シリーズにおけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
ワークアラウンドを実施する 開発者によると、次の回避策を適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能とのことです。 リンクパラメータ「無受信タイマ」を有効に設定する (
2021.04.15 JVN