すでに悪用されている脆弱性の修正を含む1月のセキュリティ更新プログラム公開|マイクロソフト
マイクロソフトは1月13日(日本時間)、月例のセキュリティ更新プログラムを公開しました。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)およびJPCERTコーディネーションセンター(JPCE
2021.01.14 トレンドマイクロ is702
注意喚起: 2021年1月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2021-0001 JPCERT/CC 2021-01-13 I. 概要マイクロソフトから 2021年1月のセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情
2021.01.13 JPCERT/CC注意喚起
複数の SOOIL Developments 製品に脆弱性
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 装置に物理的にアクセス可能な第三者によって、インスリン治療の設定を変更される - CVE-
2021.01.13 JVN
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2021年1月)
2021 年 1 月 13 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。 これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラ
2021.01.13 IPA
2021年のセキュリティ十大トレンド、“テレワークの在宅勤務者を守る対策”が重要に|JASA
特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月6日、「監査人の警鐘―2021年 情報セキュリティ十大トレンド」を発表しました。 同協会では、情報セキュリティ監査人1
2021.01.08 トレンドマイクロ is702
Microsoft、SolarWindsの悪用攻撃によりソースコードを閲覧される
nMicrosoftはブログで12月31日、SolarWinds製のソフトウェア更新を悪用した大規模攻撃により、Microsoftのソースコードリポジトリーにアクセスされた可能性が
2021.01.05 スラド
【注意喚起】LINEなどで拡散中の偽プレゼントキャンペーン、今度は新年を祝う内容に変化
LINEなどのメッセージアプリ上で拡散している偽のプレゼントキャンペーンがクリスマスから新年を祝う内容に変化しています。同様の手口に注意すると共に、不正サイトに誘導するメッセージを
2020.12.28 トレンドマイクロ is702
今年は年末のボーナスを支給しないGoDaddy、ソーシャルエンジニアリング攻撃対応訓練メールでボーナスに言及して批判される
ドメイン登録やホスティングサービスを提供するGoDaddyが従業員を対象に実施したソーシャルエンジニアリング攻撃対応訓練で、年末ボーナスを受け取るには申請が必要、といった趣旨の電子
2020.12.26 スラド
Microsoft、2020年末に期限切れになるルート証明書を削除しないよう呼びかけ
あるAnonymous Coward 曰く、 ImpressWatchによると、Microsoftが「2020年末に期限切れになるルート証明書を削除しないで」と呼び掛けているそうだ
2020.12.25 スラド
2021年のサイバー脅威、「テレワークの一般化」と「既知の脆弱性」がカギに
トレンドマイクロは12月22日、脅威動向を予測したレポート「2021年セキュリティ脅威予測」を公開しました。あわせて公式ブログ記事も公開しています。 2020年は、新型コロナウイ
2020.12.24 トレンドマイクロ is702