Weekly Report: Google Chrome に複数の脆弱性
【1】複数の Microsoft 製品に脆弱性 情報源 CISA Current ActivityMicrosoft Releases September 2020 Secur
2020.09.16 JPCERT/CC注意喚起
安全性よりも利便性を重視しがちな若年層、認証方法に関する調査結果公開|フィッシング対策協議会
フィッシング対策協議会は9月9日、インターネットサービス利用者に対する 「認証方法」に関するアンケート調査の結果を発表しました。調査の実施期間は2020年2月28日〜3月2日で、1
2020.09.14 トレンドマイクロ is702
Google、オフラインでアプリをP2P共有する機能を「Playストア」アプリに実装中
Googleが「Playストア」アプリのアプリ管理画面を刷新し、アプリのAPKファイルを近くのAndroidデバイスとオフラインでピアツーピア(P2P)共有する機能の搭載を進めてい
2020.09.13 スラド
Chrome 85、AndroidでもSecure DNSが順次利用可能に
Googleは2日、Chrome 85でSecure DNSをAndroid版Chromeでも利用可能にする計画を示した(Chromium Blogの記事、 Ghacksの記事、
2020.09.05 スラド
Weekly Report: Google Chrome に複数の脆弱性
【1】複数の Cisco 製品に脆弱性 情報源 CISA Current ActivityCisco Releases Security Updates https://us-
2020.09.02 JPCERT/CC注意喚起
Weekly Report: Google Chrome にバッファオーバーフローの脆弱性
【1】ISC BIND 9 に複数の脆弱性 情報源 CISA Current ActivityISC Releases Security Advisories for BIND
2020.08.26 JPCERT/CC注意喚起
Tesla、車内への子供置き去り検出システムなどに使用するため、基準より高出力の短距離ミリ波レーダー使用許可をFCCに申請
headless 曰く、Teslaが車内への子供置き去り検出システムなどでの使用を目的として、基準より高出力での短距離ミリ波レーダー使用許可を米連邦通信委員会(FCC)に申請してい
2020.08.24 スラド
多くの金融機関が推奨するセキュリティソフトRapport、Chromium版Edgeの対応は2021年1月-3月を予定
国内のほとんどの銀行のネットパンキングでは、IBM製のセキュリティソフトである「IBM Security Trusteer Rapport(以下Rapport)」のインストールが推
2020.08.24 スラド
SSL/TLS証明書、9月1日以降の発行分は有効期間が実質1年間に。主要ブラウザの仕様変更で
あるAnonymous Coward 曰く、2020年9月1日以降、Chrome、Safari、Firefoxといった主要ブラウザで、SSL/TLS証明書の有効期限が最大13か月間
2020.08.21 スラド
不正なChrome拡張機能がユーザ情報の窃取に利用される
Google Chromeの拡張機能が、ユーザのアクティビティ履歴の追跡と個人情報の窃取を目的とした不正活動で使用されていたことが、セキュリティ企業「Awake」によって報告されま
2020.08.19 トレンドマイクロ セキュリティブログ