1
三菱電機へのサイバー攻撃とそれによる情報漏洩、発覚したきっかけは不審な「Chrome.exe」
今年1月、三菱電機に対しサイバー攻撃が行われ情報が漏洩する事件が発生した(過去記事)。この事件についてはトレンドマイクロのセキュリティソフトの脆弱性が悪用されていたことも報じられて
2020.05.08 スラド
2
Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB20-24)(CVE-2020-9612等)
脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用 アドビシステムズ社から提供されている最新版に更新してください。 Adobe Reader のアップデート方法 https://
2020.05.13 IPA
3
クラッキングツール「Adobe Zii」に偽装したmacOS向けマルウェアを解析:クレジットカード情報を窃取し、仮想通貨を発掘
海賊版ソフトウェアに偽装したマルウェアの拡散は、オペレーティングシステム(OS)の種類を問わずよく利用されている手法です。一般的に比較的安全だと考えられているmacOSも例外ではあ
2019.02.07 トレンドマイクロ セキュリティブログ
4
EFF曰く、AppleとGoogleによるSARS-CoV-2感染者との接触検出技術にはプライバシー保護とセキュリティ対策のさらなる強化が必要
AppleとGoogleが協力して開発を進める新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者との接触検出技術について、さらなるプライバシー保護およびセキュリティ対策が必要だとEF
2020.05.05 スラド
5
2つの亜種を組み合わせた「Phobos」ランサムウェアが被害を拡大
一方でPhobosは、Dharmaと関連性がある「CrySiS」ランサムウェアの要素も含んでおり、ウイルス対策ソフトはPhobosをCrySiSとして検出している。ファイルマーカ
2019.01.22 ZDNet Japan
6
SAE IT-systems 製 FW-50 RTU に複数の脆弱性
FW-50 RTU Series: 5 Series、CPU-type: CPU-5B、Hardware Revision: 2、CPLD Revision: 6
2020.05.07 JVN
7
注意喚起: Apache Tomcat の脆弱性 (CVE-2020-9484) に関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0024 JPCERT/CC 2020-05-21 I. 概要Apache Software Foundation は、2020年5月20日 (現
2020.05.21 JPCERT/CC注意喚起
8
「Evernote」「Canva」など、正規クラウドサービスの共有機能をフィッシング詐欺に悪用する手口に注意
トレンドマイクロは5月11日、公式ブログで「フィッシングサイト構築にクラウドサービスを利用する手口を連続して確認」と題する記事を公開しました。 それによると、フィッシングサイトへ
2020.05.13 トレンドマイクロ is702
9
不正疑惑の出ていたトレンドマイクロのドライバ、Windows 10 May 2020 Updateでブロック対象に指定される
先日、トレンドマイクロ製品のドライバでWindowsの「ドライバーの検証ツール」実行の有無をチェックするコードが見つかるという話題があったが、これを受けてMicrosoftはWin
2020.05.29 スラド
10
注意喚起: SaltStack Salt の複数の脆弱性 (CVE-2020-11651, CVE-2020-11652) に関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0020 JPCERT/CC 2020-05-07 I. 概要SaltStack が提供する構成管理ツール Salt には、脆弱性 (CVE-20
2020.05.07 JPCERT/CC注意喚起