1
Broadcom社がSymantecエンタープライズ製品販売の制度・価格変更を通知。大幅な値上げへ
あるAnonymous Coward 曰く、職場でEndpointセキュリティ製品として「Symantec Endpoint Protection」を使用している。2021年度の予
2020.11.05 スラド
2
注意喚起: OpenSSL の脆弱性 (CVE-2020-1971) に関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0048 JPCERT/CC 2020-12-09 I. 概要2020年12月08日 (米国時間)、OpenSSL Project から OpenS
2020.12.09 JPCERT/CC注意喚起
3
UNIVERGE SV9500/SV8500 シリーズにおける複数の脆弱性
アップデートする 開発者が提供する情報を元に、ソフトウェアのアップデートを行ってください。 対策の詳細は製品の販売店へご確認ください。 ワークアラウンドを実施する 以下の回避策を
2021.01.04 JVN
4
シマンテックとNICTが解説する金銭やIoTを狙った攻撃の変化
このため2017年は、9月以降にウェブサイト閲覧者のブラウザに不正なコードを送り込んで仮想通貨を発掘させる「クリプトジャッキング」攻撃が急増。同社の観測では、ウェブ攻撃全体の24
2018.03.30 ZDNet Japan
5
Replay Protected Memory Block (RPMB) プロトコルにリプレイ攻撃対策が不十分な問題
Replay Protected Memory Block (RPMB) プロトコルは主にフラッシュメモリ型ストレージに使われる、読出し/書込み要求コマンドのリプレイ攻撃を防ぐこと
2020.11.13 JVN
6
「EMOTET」に続き「IcedID」の攻撃が本格化の兆し、パスワード付き圧縮ファイルに注意
マルウェア「IcedID(アイスドアイディー)」を拡散させる日本語マルウェアスパムが10月末から確認されています。トレンドマイクロが日本時間10月28日時点で確認したIcedIDを
2020.11.09 トレンドマイクロ セキュリティブログ
7
小説家になろうで作品を公開していたポンポコ秋氏、知人の悪戯でアカウント削除、作品も閲覧不能に
あるAnonymous Coward 曰く、小説投稿サイト・小説家になろうで作品を公開していたポンポコ秋氏本人のtweetによると、知人の悪戯でアカウントが勝手に削除され、全ての作
2020.11.16 スラド
8
ABB 製 Device Library Wizard に重要な情報が安全に格納されていない脆弱性
アップデートする 開発者が提供する情報をもとに、使用しているバージョンの最新版へアップデートしてください。 開発者は、本脆弱性を修正した次のバージョンをリリースしています。 D
2020.06.24 JVN
9
CVE-2020-17053: Internet Explorerの新たな脆弱性について解説
本ブログ記事では、新たに確認されたInternet Explorer(IE)の脆弱性「CVE-2020-17053」について解説します。トレンドマイクロはこれまでもIE内に存在する
2020.12.23 トレンドマイクロ セキュリティブログ
10
今年は年末のボーナスを支給しないGoDaddy、ソーシャルエンジニアリング攻撃対応訓練メールでボーナスに言及して批判される
ドメイン登録やホスティングサービスを提供するGoDaddyが従業員を対象に実施したソーシャルエンジニアリング攻撃対応訓練で、年末ボーナスを受け取るには申請が必要、といった趣旨の電子
2020.12.26 スラド