1
クラッキングツール「Adobe Zii」に偽装したmacOS向けマルウェアを解析:クレジットカード情報を窃取し、仮想通貨を発掘
海賊版ソフトウェアに偽装したマルウェアの拡散は、オペレーティングシステム(OS)の種類を問わずよく利用されている手法です。一般的に比較的安全だと考えられているmacOSも例外ではあ
2019.02.07 トレンドマイクロ セキュリティブログ
2
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2019-2699等)
脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用 - Oracle 社から提供されている最新版に更新してください。 Java のアップデート方法 次の URL にアクセスし、Ja
2019.04.17 IPA
3
2つの亜種を組み合わせた「Phobos」ランサムウェアが被害を拡大
一方でPhobosは、Dharmaと関連性がある「CrySiS」ランサムウェアの要素も含んでおり、ウイルス対策ソフトはPhobosをCrySiSとして検出している。ファイルマーカ
2019.01.22 ZDNet Japan
4
Coinhive事件、高木浩光氏が証人として裁判に出廷
あるAnonymous Coward曰く、サイト訪問者のWebブラウザ上で採掘を実行させる「Coinhive」をWebサイト上に設置して仮想通貨のマイニング(採掘)を行わせていたと
2019.01.17 スラド
5
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2018-11212等)
Oracle 社が提供する JRE (Java Runtime Environment) は、Java プログラムを実行するためのソフトウェア実行環境です。 JRE には脆弱
2019.01.16 IPA
6
「性行為をのぞき見られる」 カメラ付き女性用アダルト玩具に脆弱性 英セキュリティ企業が注意喚起
カメラを搭載した女性向けバイブレーション「Siime Eye」(米SVAKOM製)に脆弱性が判明したと、英サイバーセキュリティ企業のPen Test Partnersが報告。
2017.04.04 ITmedia ニュース
7
Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB19-13)(CVE-2019-7815)
脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用 アドビシステムズ社から提供されている最新版に更新してください。 Adobe Reader のアップデート方法 Adobe R
2019.02.22 IPA
8
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2018-3183等)
Oracle 社が提供する JRE (Java Runtime Environment) は、Java プログラムを実行するためのソフトウェア実行環境です。 JRE には脆弱
2018.10.17 IPA
9
多くのホテルの予約システムに情報漏えいリスク、調査で明らかに
ホテルを予約すると自動的に予約情報を確認するメールが送られてくるが、その情報を見ることができるのは予約した当人だけではないかも知れない。  セキュリティ企業のSymante
2019.04.12 ZDNet Japan
10
Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB19-17)(CVE-2019-7111等)
次の Adobe 製品が対象です。 Acrobat DC  2019.010.20098 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS) Acrobat Re
2019.04.10 IPA