欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が施行されて1年となる今、Microsoftの副ゼネラルカウンセルを務めるJulie Brill氏は、EUと同種の連邦プライバシー法を米国でも採択するよう、米国議会に呼びかけている。  プライバシー擁護活動家のMax Schrems氏は、GDPRが施行された2018年5月25日に、Googleによる「強制された合意」について苦情を申し立てており、...

関連キーワード