2024年7月 セキュリティアップデート解説:Microsoft社は142件、Adobe社は7件の脆弱性に対応
その他の脆弱性 今回のリリースでは、リモートコード実行に関する脆弱性は合計59件であり、これは6月のリリース全体の件数を上回っています。ただし、そのうち38件はSQLサーバに関連す
2024.07.12 トレンドマイクロ セキュリティブログ
三菱電機製GENESIS64およびMC Works64における複数の脆弱性
アップデートする CVE-2023-2650向け: GENESIS64セキュリティパッチを適用し、ソフトウェアを更新してください。 セキュリティパッチはICONICS社運営のWeb
2024.07.04 JVN
Intrado製911 Emergency GatewayにおけるSQLインジェクションの脆弱性
パッチを適用する 開発者は、パッチを提供しています。 開発者によると、パッチを適用するためには、911 Emergency Gatewayをバージョン5.5/5.6へアップグレード
2024.06.12 JVN
Windowsの新たなゼロデイ脆弱性を悪用したQakBot攻撃を発見
カスペルスキーのリサーチャー、ボリス・ラーキンとマート・デガメンチは、Windowsの新たなゼロデイ脆弱性(CVE-2024-30051)を発見しました。これは、2024年4月上旬
2024.05.16 カスペルスキー公式ブログ
2023年下半期ランサムウェア脅威動向:被害拡大とRaaSグループの活発化
LockBitがRaaS運営グループとしての優位性維持に苦慮 2023年11月、LockBit 3.0による攻撃での脆弱性CVE-2023-4966悪用が判明しました。この脆弱性は
2024.04.26 トレンドマイクロ セキュリティブログ
ランサムウェア「Agenda」が仮想化ツール「vCenter」や「ESXi」のサーバに拡散:独自のPowerShellスクリプトを使用
企業や組織では、マルチレイヤーのアプローチを採用することにより、システムへの侵入経路(エンドポイント、メール、Web、ネットワーク)を厳重に保護することが可能です。また、セキュリテ
2024.04.16 トレンドマイクロ セキュリティブログ
2024年4月 セキュリティアップデート解説:Microsoft社は155件、Adobe社は24件の脆弱性に対応
その他の脆弱性 その他、「緊急」に分類された脆弱性を確認すると、いずれもMicrosoft Defender for IoTに影響する脆弱性となっています。これらの脆弱性が悪用され
2024.04.11 トレンドマイクロ セキュリティブログ
2024年3月 セキュリティアップデート解説:Microsoft社はHyper-Vの緊急の脆弱性含む64件、Adobe社は56件に対応
その他の脆弱性 もう1つの「緊急」に分類された修正対応は、Hyper-VサーバのDoS攻撃の脆弱性です。Microsoft社は、このケースのDoS攻撃の影響範囲やシステムが自動的に
2024.03.15 トレンドマイクロ セキュリティブログ
SKYSEA Client View における複数の脆弱性
アップデートする 開発者が提供する情報をもとに、最新版にアップデートしてください。 当該脆弱性は、SKYSEA Client View Ver.19.2 で修正されています。 パ
2024.03.07 JVN
AIを活用した「メールセキュリティ」によりBEC攻撃を防ぐ
テクノロジーは日々めざましい進歩を遂げています。その一方で、代替プラットフォームの誕生にもかかわらず、電子メールは依然として世界中のビジネスで主要なコミュニケーションツールとしての
2024.02.28 トレンドマイクロ セキュリティブログ