Windowsの「Microsoft OLE」にゼロディ脆弱性、悪用した攻撃も確認
Windowsのアプリケーション間でデータを転送、共有する仕組みである「Microsoft OLE」に未修正の脆弱性が確認された。米国のMcAfee社とFireEye社は、当該脆弱
2017.04.19 日立 情報セキュリティブログ
「Office」のゼロデイ脆弱性、複数のマルウェア配布に利用されていた可能性--FireEye
「Windows」の「Object Linking and Embedding」(OLE)に関連するこの脆弱性は、ユーザーが仕掛けの施された「Word」文書を開くと悪用される。具
2017.04.13 ZDNet Japan
マイクロソフト、「Word」文書を利用する脆弱性に対処--月例の「Patch Tuesday」で
今回のパッチは、月例の「Patch Tuesday」の一部としてリリースされている。  同社のセキュリティアドバイザリによると、深刻度が「緊急」(critical)に分類される
2017.04.12 ZDNet Japan
マイクロソフト、「Word」文書を利用する脆弱性に対処--月例の「Patch Tuesday」で
今回のパッチは、月例の「Patch Tuesday」の一部としてリリースされている。  同社のセキュリティアドバイザリによると、深刻度が「緊急」(critical)に分類される
2017.04.12 ZDNet Japan
「Word」文書を利用するゼロデイ脆弱性--マクロを利用せずとも悪用可能
このゼロデイ脆弱性(まだパッチはリリースされていない)は、マクロの処理に存在するものではないという点が、文書関連の多くの脆弱性とは異なっている。なお、「Office」製品はたいて
2017.04.10 ZDNet Japan
「Word」文書を利用するゼロデイ脆弱性--マクロを利用せずとも悪用可能
このゼロデイ脆弱性(まだパッチはリリースされていない)は、マクロの処理に存在するものではないという点が、文書関連の多くの脆弱性とは異なっている。なお、「Office」製品はたいて
2017.04.10 ZDNet Japan