拡大する正規ツールによる隠蔽手口、マルウェアによる「Slack」の悪用を初確認
トレンドマイクロは、2019年2月下旬、新しいバックドア型マルウェア「SLUB」を送り込み感染PCから情報を窃取する攻撃を確認しました。この攻撃は、改ざんしたWebサイトに攻撃コー
2019.03.14 トレンドマイクロ セキュリティブログ
サイバー犯罪集団「Lazarus」、改良された「RATANKBA」と遠隔操作ツールを利用し仮想通貨を狙う
その活動内容によって悪名をはせるサイバー犯罪集団「Lazarus」は、正体に関する謎も相まって多くの関心を集めています。同集団は、2007 年の韓国政府に対する一連のサイバー諜報活
2018.01.31 トレンドマイクロ セキュリティブログ
ランサムウェア新種「Bad Rabbit」出現、ロシア・東欧各国で被害発生
トレンドマイクロは10月25日、公式ブログで「新しい暗号化型ランサムウェア『Bad Rabbit』、ネットワーク経由で拡散、ウクライナとロシアなどで確認される」と題する記事を公開し
2017.10.26 トレンドマイクロ is702
WannaCryやStruts2も--攻撃増加で見直すインシデント対応の4フェーズ
2017年のゴールデンウィーク終了後、日本に蔓延したのは"五月病"ではなく、「WannaCry」というランサムウェア型のマルウェアでした。さらに悪いことに、五月病と違ってWann
2017.07.11 ZDNet Japan
ブリトニーのInstagramに不正なコメント、水飲み場型攻撃に利用
ブリトニー・スピアーズの公式Instagramページに投稿されたコメントを利用して、「水飲み場型攻撃」を仕掛けようとする手口が発見された。
2017.06.09 ITmedia ニュース
徹底解析:大規模な水飲み場型攻撃で利用された「RATANKBA」
徹底解析:大規模な水飲み場型攻撃で利用された「RATANKBA」 2017年2月初旬、いくつかの金融機関で利用するワークステーションがマルウェアに感染したと報告されました。マルウェ
2017.03.07 トレンドマイクロ セキュリティブログ
グローバルな金融機関を新しいマルウェアで狙う攻撃者
水飲み場型攻撃で、31 カ国の 100 を超える組織が感染の危機にさらされました。続きを読む
2017.02.14 Symantec Connect
国内標的型サイバー攻撃の分析:状況と目的に合わせた攻撃変化が顕著に
2015年、国内では日本年金機構の事例をはじめとして多くの標的型サイバー攻撃の被害が表面化しました。トレンドマイクロでは、この2015年に確認した日本国内における「標的型サイバー攻
2016.05.10 トレンドマイクロ セキュリティブログ
サイバー攻撃グループ、ターゲットを米国機関からアジアや日本のインフラに切り替えた?
あるAnonymous Coward 曰く、日本の石油・ガス、輸送産業がサイバー攻撃グループの標的となっているという(THE STACK、Slashdot)。 Cylance
2016.03.01 スラド
日本の主要インフラ産業に執拗なサイバー攻撃--近隣国からの可能性も
CylanceはJPCERT/CCに情報を通知しており、同組織も現在進行中の調査に参加しているという。  「この攻撃は現在まさに進行中であり、さまざまな日本の組織に継続的に
2016.02.26 ZDNet Japan