GE Digital 製 APM Classic に複数の脆弱性
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 安全でないオブジェクト直接参照 (insecure direct object refer
2020.09.23 JVN
注意喚起: 2020年9月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0036 JPCERT/CC 2020-09-09 I. 概要マイクロソフトから 2020年9月のセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情
2020.09.09 JPCERT/CC注意喚起
Appleの公証を受けたマルウェアによるアドウェアキャンペーンが発生
headless 曰く、AppleはDeveloper IDで署名されたMac用ソフトウェアに対する「公証」の仕組みを用意しているが、この公証を受けたマルウェアによるアドウェアキャ
2020.09.03 スラド
Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB20-48)(CVE-2020-9693等)
脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用 アドビシステムズ社から提供されている最新版に更新してください。 Adobe Reader のアップデート方法 https://
2020.08.12 IPA
注意喚起: 2020年8月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0033 JPCERT/CC 2020-08-12 I. 概要マイクロソフトから 2020年8月のセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情
2020.08.12 JPCERT/CC注意喚起
保存されないはずの無料VPNアプリの個人情報が流出。被害者は2000万人以上におよぶ可能性
あるAnonymous Coward 曰く、VPNサービスのニュース・レビューサイト「vpnMentor」のブログ記事によると、香港を拠点とする複数の無料VPNアプリの個人情報が流
2020.07.21 スラド
Ciscoの企業向けスイッチ「Catalyst 2960-X」の偽造品が出回る。機能も動作も本物そっくり
Cisco Systems製の「Catalyst 2960-X」の偽造品が出回っているそうだ(F-Secure Consulting、PC Watch)。 偽造品を利用していた
2020.07.20 スラド
アップルがOS最新版「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」など公開、複数の脆弱性に対応
アップルは7月16日、「iOS」「iPadOS」「macOS」「watchOS」などについて、一斉にアップデートを行いました。影響を受けるシステムは以下のとおりです。 ・iOS
2020.07.17 トレンドマイクロ is702
注意喚起: 2020年7月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0029 JPCERT/CC 2020-07-15 I. 概要マイクロソフトから 2020年7月のセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情
2020.07.15 JPCERT/CC注意喚起
注意喚起: Microsoft Windows Codecs Library の脆弱性 (CVE-2020-1425, CVE-2020-1457) に関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2020-0027 JPCERT/CC 2020-07-01 I. 概要2020年6月30日 (米国時間)、マイクロソフトから Microsoft Wind
2020.07.01 JPCERT/CC注意喚起