Sudoのバージョン1.8.28より以前の環境に存在するコマンド実行の脆弱性(CVE-2019-14287)が米国時間10月14日に報告された。Sudoは同日にバージョン1.8.28でこの脆弱性を解決しており、主要なLinuxディストビューターも情報を公開している。  この脆弱性は、sudoコマンドを実行する際に引数で指定するユーザーIDの検証が適切に行われないというもの。脆弱性を悪用された場...

関連キーワード