Microsoft EdgeのSmartScreen、ユーザーのセキュリティ識別子をサーバーに送信
Microsoft Edge (Spartan)のSmartScreenがアクセス先のフルURLなどに加え、WindowsにログインしたユーザーのSID(セキュリティ識別子)もサー
2019.07.27 スラド
「Windows Defender」は低評価?--MSがウイルス対策ソフト比較テストの結果を検証
Windows Defenderは保護性能に関しては、新旧のマルウェアを100%検知して高い評価を得たが、パフォーマンス(AVがアプリケーションとウェブサイトの動作をどれだけ低下
2018.05.28 ZDNet Japan
Microsoft、Google Chromeユーザーを悪意あるWebサイトから守る拡張機能を公開
MicrosoftがGoogle Chrome用拡張機能「Windows Defender Browser Protection」をChromeウェブストアで公開した(公式サイト、
2018.04.21 スラド
Fall Creators Update向け「Windows Defender ATP」新機能がパブリックプレビューに
Microsoftは米国時間9月7日、「Windows Defender ATP」サービスを拡張して、保護や検知、調査、対応や管理などを実現し、Windowsのエンドポイントにエ
2017.09.11 ZDNet Japan
Microsoft EdgeのSmartScreenに偽URLや偽連絡先を表示可能な問題
headless 曰く、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeでは、危険なWebサイトを警告する「SmartScreen」機能が搭載されているが、Micr
2016.12.16 スラド
「Windows 7のセキュリティは不十分」?
FFRIが、日本マイクロソフトの依頼を受けて調査を行い制作したという「Windows 10セキュリティリスク抑制効果調査報告」(PDF)を公開した(INTERNET Watch)
2016.06.17 スラド
Windows 10: OS レベルで悪意のあるサイト、アプリをブロック - SmartScreen フィルター
SmartScreen フィルターは、フィッシング サイトやマルウェア サイトへのアクセスを防止するセキュリティ機能です。Internet Explorer や Microsoft
2016.02.25 TechNet 日本のセキュリティチーム
MS、「Edge」と「IE 11」でドライブバイダウンロードに対処--「SmartScreen」技術を強化
Edgeへの自動攻撃は依然として、金目当てのハッカーが好む手法で、広告ネットワークを悪用してもっぱら「Windows」搭載PCにマルウェアを配信する「Malvertizing」(
2015.12.18 ZDNet Japan