アップルが「macOS Catalina 10.15 」など複数製品のセキュリティアップデートを公開
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、10月9日、複数のアップル製品におけるセキュリティアップデートについて、脆弱性関連情報を提供するJVNを通じて情報を公開した。 これに
2019.10.17 日立 情報セキュリティブログ
注意喚起: Adobe Acrobat および Reader の脆弱性 (APSB19-49) に関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2019-0039 JPCERT/CC 2019-10-16 I. 概要アドビから PDF ファイル作成・変換ソフトウエア Adobe Acrobat およ
2019.10.16 JPCERT/CC注意喚起
Apple、香港のデモと警察の動向を地図上に表示するアプリをApp Storeから削除
Appleは10日、香港の民主化デモと警察の動きを地図上に表示するアプリ「HKmap 即時地圖」をApp Storeから削除した(South China Morning Postの
2019.10.12 スラド
「macOS」向けターミナルエミュレーター「iTerm2」に深刻な脆弱性--パッチ公開
「macOS」向けに提供されている、人気の高いオープンソースのターミナルエミュレーターアプリである「iTerm2」に深刻な脆弱性が発見された。同脆弱性は「Firefox」の開発元
2019.10.11 ZDNet Japan
脱獄不要のiOSアプリストア「AltStore」登場
jailbreak(脱獄)をせずにiOSデバイスに任意のアプリをインストールできるという「AltStore」なるサービスのプレビュー版が公開されている(Engadget日本版、Th
2019.09.30 スラド
古いiOSデバイスのBoot ROMに脱獄も可能な脆弱性、Appleにも修正不可能
パッチ不可能なBoot ROM(SecureROM)の脆弱性を利用し、古いiOSデバイスの脱獄を可能にするという「checkm8 (チェックメイト)」が発表された(開発者のツイート
2019.09.29 スラド
製造業のシステムを狙う攻撃ツールは約5000円から--トレンドマイクロ
攻撃者は、アンダーグラウンド市場の掲示板サイトなどでこうしたツールの売買やCAD/CAMファイル、ソースコード、機密文書などの情報を交換しているという。主な活動の目的は、メーカー
2019.09.25 ZDNet Japan
注意喚起: Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB19-46) に関する注意喚起 (公開)
JPCERT-AT-2019-0035 JPCERT/CC 2019-09-11 I. 概要アドビから Adobe Flash Player に関する脆弱性の情報 (APSB1
2019.09.11 JPCERT/CC注意喚起
iOS 12.4.1リリース、脱獄を可能にする脆弱性を再修正
headless曰く、 Appleは26日、iOS 12.4.1をリリースした(サポートドキュメントHT210549、Pwn20wnd氏のツイート、Mac Rumors、Soft
2019.08.29 スラド
iOS 12.3で修正された脆弱性、iOS 12.4で復活していた
Appleが5月にiOS 12.3で修正した脆弱性が7月リリースのiOS 12.4で復活していることが判明し、最新版のiOSが脱獄可能な状態となっている(Motherboardの記
2019.08.24 スラド