サイバーセキュリティ協議会とは
サイバーセキュリティ協議会とは、2019年4月1日に設立された組織で、サイバーセキュリティの脅威に対応するため、さまざまな組織が相互に連携し、サイバーセキュリティに関する施策の推進
2019.12.13 日立 情報セキュリティブログ
AIで経営幹部の声や動画を偽装?最新技術で攻撃のさらなる巧妙化が予測される2020年
トレンドマイクロは12月10日、調査分析レポート「2020年セキュリティ脅威予測」を公開しました。あわせて公式ブログで「『ディープフェイク』による詐欺やサプライチェーン攻撃に警戒:
2019.12.11 トレンドマイクロ is702
「ディープフェイク」による詐欺やサプライチェーン攻撃に警戒:2020年の脅威動向を予測
今年のインシデント事例などを振り返ってみると、2019年が脅威の転換期となり、2020年は新たな脅威の10年を迎える節目になると考えられます。2020年以降のサイバーセキュリティは
2019.12.10 トレンドマイクロ セキュリティブログ
オーストラリア、情報戦部隊を設立。中国などの脅威に対抗する目的か
オーストラリア政府が、「情報戦に特化した特別部隊」を創設すると発表した(AFP、Bloomberg、Wall Street Journal)。 最近、オーストラリアでは中国がネット
2019.12.10 スラド
FBIポートランド支局曰く、スマートTVのカメラを無効化したくてもオプションがない場合はテープでふさごう
headless曰く、米連邦捜査局(FBI)ポートランド支局がスマートTVのセキュリティおよびプライバシーについて注意喚起している(プレスリリース、Softpedia、SlashG
2019.12.06 スラド
「Lazarus」との関連が推測されるMacOS向けバックドアを解析
MacOSに対するサイバー犯罪者の関心が高まり続け、さまざまなマルウェアが作成される中、この人気OS(オペレーティングシステム)のユーザを狙う脅威が増加しています。トレンドマイクロ
2019.12.03 トレンドマイクロ セキュリティブログ
「eスポーツ」市場を狙うサイバー脅威、増加が予想される4つの手口を解説
トレンドマイクロは11月13日、公式ブログで「『eスポーツ』を狙う脅威、現在と今後の危険を解説」と題する記事を公開しました。 ゲームをスポーツ競技として捉える「エレクトロニック・
2019.11.14 トレンドマイクロ is702
「eスポーツ」を狙う脅威、現在と今後の危険を解説
コンピュータゲームはこれまで、若者のための「遊び」とみなされてきました。しかし、ゲーム自体をスポーツ競技として捉える「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports
2019.11.13 トレンドマイクロ セキュリティブログ
Googleがセキュリティ企業3社と提携し、Google Playストアでのマルウェア公開を防ぐ「App Defense Alliance」を発表
headless曰く、 Googleは6日、ESET・Lookout・Zimperiumのセキュリティ企業3社と提携し、不正なアプリがユーザーのデバイスに届く前に阻止する「App
2019.11.12 スラド
CBESTとは
CBEST(シーベスト)とは、英国の金融当局が推進する、金融機関向けのTLPT(脅威ベースのペネトレーションテスト)のフレームワークのこと。 イングランド銀行(BoE)と、ペネト
2019.11.05 日立 情報セキュリティブログ