ランサムウェアの被害にあった企業の重役の 88 %、また被害にあったら身代金を支払うと回答
Kaspersky Lab の調べによると、ランサムウェア攻撃の被害を受けたことがある企業の重役の 88 % は再び攻撃を受けたら身代金を支払うと回答したそうだ (Kaspersk
2022.05.15 スラド
ランサムウェア「BlackCat」の攻撃活動をトレンドマイクロの技術により追跡調査
先日トレンドマイクロは、クロスレイヤの検知と対応(XDR)機能を搭載する脅威防御のプラットフォーム「Trend Micro Vision One」を用いて、ランサムウェア「Blac
2022.05.13 トレンドマイクロ セキュリティブログ
ランサムウェアスポットライト:LockBit
トレンドマイクロが追跡しているランサムウェア「LockBit」による攻撃キャンペーン「Water Selkie」は、現在、最も活発なランサムウェア攻撃の1つとなっています。この攻撃
2022.05.13 トレンドマイクロ セキュリティブログ
ランサムウェアスポットライト:Conti
ランサムウェア「Ryuk」の後継と推測される「Conti」は、最近話題となった各種攻撃でも注目されている悪名高いランサムウェアファミリの1つです。このランサムウェアファミリの詳細を
2022.05.09 トレンドマイクロ セキュリティブログ
脆弱性攻撃ツール「Purple Fox」に採用された新たな攻撃経路と高度化するツール群を解説
トレンドマイクロは2018年に世界で3万人以上のユーザが感染被害を受けたとする報道がなされて以来、脆弱性攻撃ツール「Purple Fox」の脅威を継続的に追跡調査しています。本ブロ
2022.04.23 トレンドマイクロ セキュリティブログ
NTT、カスペルスキー製ソフトの使用中止
NTTグループがロシアの「カスペルスキー」製品に関する取り引きを中止する方針を発表した。グループ会社でカスペルスキーのウイルス対策ソフトを使用していたという(NHK、朝日新聞、時事
2022.04.11 スラド
「サプライチェーン」を経由した攻撃と被害の連鎖:2021年1年間の脅威動向を分析
トレンドマイクロでは2021年1年間における国内外での脅威動向について分析を行いました。2021年、多くの企業や組織で急速なデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む中、サイバ
2022.04.07 トレンドマイクロ セキュリティブログ
ロシア民間航空局がハッキング。アノニマスを悪用するネット版偽旗作戦のリスクも
ハッカー集団「Anonymous」によるサイバー攻撃が活発化し、最近ではロシアやベラルーシで活動を行っている国際組織をターゲットにした攻撃が増加しているそうだ。TECH+でも取り上
2022.04.05 スラド
FCC、カスペルスキーを国家安全保障に対する脅威と認定へ
米連邦通信委員会(FCC)は25日、国家安全保障に脅威を与える通信機器とサービスのリストを拡大、その中にロシア系セキュリティ企業のカスペルスキーおよび中国通信大手の中国電信(チャイ
2022.03.28 スラド
ドイツ連邦情報セキュリティ局、カスペルスキー製品使用のリスクを注意喚起
headless 曰く、ドイツ連邦情報セキュリティ局 (BSI) は 15 日、ロシアに本社があるカスペルスキー製のセキュリティソフトウェア使用にはリスクがあると注意喚起した (プ
2022.03.17 スラド