標的型攻撃手法解説:Waterbearキャンペーンでの「APIフック」による活動隠蔽
「Waterbear(ウォーターベア)」は、2010 年 10 月から活動が確認されているサイバー攻撃キャンペーン、およびキャンペーンで使用されたマルウェアの呼称です。Water
2019.12.25 トレンドマイクロ セキュリティブログ
チャットアプリに偽装し、スマホの情報を窃取するスパイウェア「CallerSpy」
トレンドマイクロは12月18日、公式ブログで「標的型攻撃キャンペーンでの使用が推測される偽装スパイアプリ『CallerSpy』を確認」と題する記事を公開しました。「Apex App
2019.12.18 トレンドマイクロ is702
標的型攻撃キャンペーンでの使用が推測される偽装スパイアプリ「CallerSpy」を確認
トレンドマイクロでは、不正サイト上で「Apex App」という名称のチャットアプリを偽装した新たな不正アプリを確認しました。この偽装アプリは、諜報活動に関する様々な動作を示すことか
2019.12.18 トレンドマイクロ セキュリティブログ
標的型攻撃手法解説:「APT33」によるC&C追跡困難化
標的型攻撃では、攻撃者ごとに特徴的な攻撃手法を使用するものと考えられており、標的型攻撃の攻撃手法を分析する上で重要な要素となっています。本記事ではトレンドマイクロが確認した標的型攻
2019.11.19 トレンドマイクロ セキュリティブログ
「サイバーセキュリティからサイバーイミュニティへ進化を」--カスペルスキーCEOが提言
immunityは「免疫」という意味で、同氏は「従来の発想に基づく『防御』は困難になってきており、システムの『免疫力』を高めることで被害の発生を防ぐという考え方に移行すべきだ」と
2019.10.03 ZDNet Japan
トレンドマイクロのスレットインテリジェンス:「Graph Hash」を活用した標的型攻撃の特定
脅威を積極的に探索する「スレットハンティング」、そして専門家が蓄積する脅威についての知見である「スレットインテリジェンス」の共有は、サイバーセキュリティ業界での一般的な慣行であり、
2019.09.25 トレンドマイクロ セキュリティブログ
クラウドストライク、東京五輪を狙うサイバー攻撃を予想
また同社が追跡している日本を狙う攻撃者グループは、中国やインド、北朝鮮、韓国、ロシアなどに多数存在するとした。Meyers氏は、攻撃者グループをその能力と動機の強さによっても分類
2019.09.10 ZDNet Japan
法人組織を狙う標的型攻撃、ランサムウェアの被害報告数が増加
トレンドマイクロは9月5日、公式ブログで「法人組織を狙う『脅迫』と『盗用』、2019年上半期の脅威動向を分析」と題する記事を公開しました。同社では、日本と海外のセキュリティ動向を分
2019.09.05 トレンドマイクロ is702
法人組織を狙う「脅迫」と「盗用」、2019年上半期の脅威動向を分析
トレンドマイクロでは2019年上半期(1〜6月)における国内外での脅威動向について分析を行いました。2019年に入り、法人組織を脅迫するランサムウェア被害が継続的に発生し、更なる深
2019.09.05 トレンドマイクロ セキュリティブログ
中国のハッカー、がん研究機関を標的に--FireEye報告書
中国の持続的標的型攻撃(APT)グループが、最近のサイバー攻撃でがん研究機関に標的を定めてデータを盗もうとしていると、研究者らが述べている。  がんは世界で2番目に多い死因で、
2019.08.27 ZDNet Japan