5月23日にギリシャ・アテネ発リトアニアビリニュス行きライアンエアー4978便がベラルーシ航空管制から機内に安全上の脅威が存在する可能性を伝える虚偽の通報を受け、ベラルーシ・ミンスクで強制着陸させられた問題について、ベラルーシ政府への批判が強まっている。 これについて あるAnonymous Coward 曰く、4978便はベラルーシ領空を飛行していたもののEUの航空会社がEU域内の空港間を運航...

関連キーワード