想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受けるおそれがあります。 遠隔の第三者により、パスワードが格納されているファイルにアクセスされる - CVE-2020-10605 当該製品に平文で認証情報が格納されているため、当該製品にアクセス可能な第三者が、機微な情報を窃取したり、システム設定を変更したりする- CVE-2020-10609...

関連キーワード