General Electric Renewable Energy製MDS Radiosにおける複数の脆弱性
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 遠隔の第三者によって、iNET/iNET II、TD220XおよびTD220MAXシリーズ
2022.04.04 JVN
iOS デバイスに詐欺アプリをインストールさせるさまざまな手法
ロマンス詐欺的な手法とソーシャルエンジニアリングを組み合わせて偽の暗号通貨アプリをインストールさせる組織的な詐欺キャンペーン CryptoRom で、iPhone ユーザーをターゲ
2022.03.21 スラド
AMD、fTPM 有効時にシステムの反応が短時間悪くなる問題を認める
headless 曰く、AMD の Ryzen プロセッサー搭載する PC でファームウェア TPM (fTPM) を有効にするとランダムに短時間反応が悪くなる問題の報告が増加して
2022.03.10 スラド
Weekly Report: 複数のApple製品に脆弱性
【1】複数のApple製品に脆弱性 情報源 CISA Current ActivityApple Releases Security Updates for Multiple
2022.02.02 JPCERT/CC注意喚起
Weekly Report: トレンドマイクロ製Deep Security及びCloud One Workload SecurityのLinux版Agentに複数の脆弱性
【1】複数のApple製品に脆弱性 情報源 CISA Current ActivityApple Releases Security Updates for Multiple
2022.02.02 JPCERT/CC注意喚起
Weekly Report: Apache TomcatにTime-of-check Time-of-use(TOCTOU)競合状態による権限昇格の脆弱性
【1】複数のApple製品に脆弱性 情報源 CISA Current ActivityApple Releases Security Updates for Multiple
2022.02.02 JPCERT/CC注意喚起
Weekly Report: TransmitMailに複数の脆弱性
【1】複数のApple製品に脆弱性 情報源 CISA Current ActivityApple Releases Security Updates for Multiple
2022.02.02 JPCERT/CC注意喚起
Apple は iOS と標準アプリを別々に更新できるようにすべきか
Apple は iOS で標準アプリと OS を別に更新できるようにすべきではないかと 9to5Mac が指摘している (9to5Mac の記事)。 現在の iOS 標準アプリは
2022.01.23 スラド
【注意喚起】通信事業者を装ったSMSに注意、10月ごろよりドコモを騙る不正が多発
一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は11月25日、通信事業者を装ったフィッシングや不正アプリに注意するよう、改めて注意を呼びかけました。10月には「NTTセキュリテ
2021.11.30 トレンドマイクロ is702
情報盗取型マルウェア「RedLine」、国内感染の7割は不正ソフトのインストールが原因
あるAnonymous Coward 曰く、NHKによると、去年から猛威を振るっている「RedLine Stealer(レッドライン・スティーラー)」と呼ばれる情報窃取型のマルウェ
2021.11.11 スラド