Weekly Report: Uptime Infrastructure Monitor (旧称 up.time) の Windows 向けエージェントに複数の脆弱性
【1】複数の Microsoft 製品に脆弱性 情報源 US-CERT Current ActivityMicrosoft Releases December 2015 Sec
2015.12.16 JPCERT/CC注意喚起
Weekly Report: 「アクセス解析」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性
【1】複数の Microsoft 製品に脆弱性 情報源 US-CERT Current ActivityMicrosoft Releases December 2015 Sec
2015.12.16 JPCERT/CC注意喚起
【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に
3.1. 一般利用者  使用している IE のバージョンの確認方法は以下の通りです。 (1) IE 8 の場合 図4:IE 8 のバージョン確認方法 (2) IE 9 、1
2015.12.15 IPA
来年1月12日で、古いIEはサポート終了
マイクロソフトは2016年1月13日(米国時間)から、Internet Explorerのサポートポリシーを変更する予定です。この変更は2014年8月に発表されており、「最新版以外
2015.12.11 トレンドマイクロ is702
マイクロソフト月例セキュリティ情報、緊急8件
マイクロソフトは12月9日、計12件のセキュリティ情報を新たに公開しました。JPCERT/CCも、これを受け注意を呼びかけています。 今回公開された全12件(MS15-124〜1
2015.12.10 トレンドマイクロ is702
アドビ、「Flash Player」関連のセキュリティパッチをリリース--79件の脆弱性に対応
2015年最後となる予定のこのパッチは、同社によると「影響を受けたシステムが攻撃者に乗っ取られるおそれがある」という問題に対処するものだという。  影響があるのは、「Adobe
2015.12.10 ZDNet Japan
2015 年 12 月のセキュリティ情報 (月例) ? MS15-124 〜 MS15-135
2015 年 12 月 9 日 (日本時間)、マイクロソフトは計 12 件 (緊急 8 件、重要 4 件) の新規セキュリティ情報を公開しました。新規セキュリティ情報を公開すると共
2015.12.09 TechNet 日本のセキュリティチーム
MS15-124 - 緊急: Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3116180) - バージョン: 1.0
Internet Explorer 特権の昇格の脆弱性 - CVE-2015-6139 Internet Explorer がコンテンツ タイプを正しく適用しな
2015.12.08 Microsoft セキュリティ情報
MS15-126 - 緊急: リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3116178) - バージョン: 1.0
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-6136 Internet Explorer でメモリ内のオブジェクトを処理するときに VB
2015.12.08 Microsoft セキュリティ情報
MS15-128 - 緊急: リモートでのコード実行に対処する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3104503) - バージョン: 1.0
このセキュリティ情報に記載されている一部の更新プログラムが、今月にリリースされた他のセキュリティ情報にも記載されているのはなぜですか?セキュリティ情報は、リリースされる更新プログラ
2015.12.08 Microsoft セキュリティ情報