LAN における DNS 動的登録・更新および、機器の自動検出機能に複数の問題
家庭やオフィスで使用されている (Google WiFi や Ubiquiti UniFi 等を含む一般的な) ルータでは、多くの場合 DNS の動的登録・更新機能が使用されていま
2018.09.06 JVN
Weekly Report: ISC Kea DHCP サーバにサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
【1】複数の Microsoft 製品に脆弱性 情報源 US-CERT Current ActivityMicrosoft Releases July 2018 Securit
2018.07.19 JPCERT/CC注意喚起
Kea にサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
アップデートする 開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。 開発者は、本脆弱性を修正した次のバージョンをリリースしています。 Kea 1.4.0-P1
2018.07.12 JVN
Weekly Report: Red Hat Enterprise Linux の DHCP クライアントパッケージにコマンドインジェクションの脆弱性
【1】複数の Adobe 製品に脆弱性 情報源 US-CERT Current ActivityAdobe Releases Security Updates https://
2018.05.23 JPCERT/CC注意喚起
RHELにクリティカルレベルのコード実行の脆弱性、修正パッチが公開
米Red Hatは5月15日、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)に存在する脆弱性の情報(CVE-2018-1111)と脆弱性を修正するパッチを公開した。
2018.05.16 ZDNet Japan
ISC DHCP にサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
ワークアラウンドを実施する 次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。 許可されていないユーザからの OMAPI 接続を禁止する なお開
2018.03.07 JVN
Weekly Report: ISC DHCP サーバにバッファオーバーフローの脆弱性
【1】PHP に複数の脆弱性 情報源 The PHP GroupPHP 7.2.3 Released https://php.net/archive/2018.php#id20
2018.03.07 JPCERT/CC注意喚起
Weekly Report: ISC DHCP サーバにサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
【1】2018年 1月 Oracle Critical Patch Update について 情報源 US-CERT Current ActivityOracle Release
2018.01.24 JPCERT/CC注意喚起
ISC DHCP にサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
ワークアラウンドを実施する 次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。 許可されていないユーザからの OMAPI 接続を禁止する なお開
2018.01.17 JVN
DNS ソフトウェア「Dnsmasq」に複数の脆弱性、攻撃可能な条件と対策を解説
「Dnsmasq」は、小規模サーバや組み込み機器に DNS/DHCP サーバを構築するために利用される事実上の標準ソフトウェアです。2017 年 10 月 2 日、Google の
2017.10.16 トレンドマイクロ セキュリティブログ