LINEで台湾要人約100人の個人情報がハッキングにより流出、国内では握手会動画が中国に流出
LINE関係のトラブルが2件報じられている。台湾で政府要人が利用しているLINEのアカウント約100名分がハッキング攻撃に遭い、個人情報が流出していることが判明した。台湾の内務省刑
2021.07.30 スラド
2021年登場のランサムウェア「Hello」、SharePoint脆弱性からWebシェル使用の手口を解説
2021年1月、トレンドマイクロは暗号化したファイルに拡張子「HELLO」を付加する新種のランサムウェアを発見しました。この新たなランサムウェアファミリは、「HELLO RANSO
2021.07.21 トレンドマイクロ セキュリティブログ
Ypsomed製mylifeに複数の脆弱性
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 遠隔の第三者によって、登録プロセス中に、ハッシュ化されたパスワード情報を窃取される&nbs
2021.07.16 JVN
FBI の組織犯罪摘発用バックドア付きスマートフォン、中古として販売されて購入者を悩ませていた
headless 曰く、6 月にオーストラリアで大量の逮捕者を出して話題となった米連邦捜査局 (FBI) のバックドア付き暗号化通信アプリ「AN0M」だが、闇市場で取引されていた端
2021.07.13 スラド
クラウドサービスを狙うサイバー犯罪者集団「TeamTNT」が認証情報窃取対象を拡大
自組織で利用するクラウドサービスの悪用やソフトウェアサプライチェーン攻撃を防ぐには、組織内で管理する認証情報を適切に保護することが重要です。攻撃者はストレージメカニズム内の認証情報
2021.06.30 トレンドマイクロ セキュリティブログ
原子力規制委、PPAPシステムの不具合でメールアドレス76件を漏洩
原子力規制委員会は22日、いわゆるPPAP方式を採用したメールシステムに不具合が発生し、地方公共団体ならびに報道機関のメールアドレス計76件が漏洩したと発表した(原子力規制委員会リ
2021.06.25 スラド
ランサムウェア攻撃者に身代金を支払うと「お得意様」になってしまう可能性
サイバー攻撃防御サービス Cybereason の調べによると、ランサムウェア攻撃者に身代金を支払う被害者は「お得意様」として繰り返しターゲットになる可能性が高いそうだ(プレスリリ
2021.06.19 スラド
新種のランサムウェア攻撃:AlumniLocker、Humbleを解説
2021年に入り、トレンドマイクロが新たに発見したランサムウェアの亜種に、AlumniLockerとHumbleがあります。この2つの亜種はそれぞれ暗号化後に高度な挙動および脅迫を
2021.06.18 トレンドマイクロ セキュリティブログ
仮想環境をも侵害するLinux版「DARKSIDE」ランサムウェア
2021年5月に米国の石油パイプライン大手Colonial Pipeline社を操業停止に追い込んだランサムウェア「DARKSIDE」は、前回の記事で解説したように、米国、フランス
2021.06.13 トレンドマイクロ セキュリティブログ
ZOLL 製 Defibrillator Dashboard における複数の脆弱性
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 遠隔の第三者によって、細工されたファイルをアップロードされ、任意のコードを実行される -
2021.06.11 JVN