LibreOffice 6.3リリース、イベントハンドラーによるLibreLogoマクロの実行をブロック
The Document Foundationは8日、LibreOffice 6.3をリリースした(アナウンス、 リリースノート、 The Registerの記事)。 Libre
2019.08.11 スラド
グーグル「Project Zero」が発見した脆弱性の約96%は期限内に修正される
Project Zeroチームが米国時間7月31日に公表した統計データの中で述べたところによると、2019年7月30日時点で、Project Zeroではこれまでに計1585件の
2019.08.05 ZDNet Japan
LibreOffice 6.2.5で修正された任意コード実行可能な脆弱性、完全には修正されていない
LibreOfficeで任意コード実行が可能な脆弱性(CVE-2019-9848)が見つかり、バージョン6.2.5で修正されたのだが、完全には修正されていないようだ(The Reg
2019.08.03 スラド
アドビ、「Flash Player」「ColdFusion」「Campaign Classic」の脆弱性を修正
Adobeの月例パッチアップデートが公開され、「Adobe Flash Player」「Adobe ColdFusion」「Adobe Campaign Classic」の複数の
2019.06.13 ZDNet Japan
Apacheウェブサーバに脆弱性、パッチが公開--共有ホスト環境の管理者権限奪取を誘発
The Apache Software Foundationは米国時間4月1日、Apache(httpd)ウェブサーバに存在する深刻な脆弱性(「CVE-2019-0211」)に対
2019.04.04 ZDNet Japan
「Windows 10」の累積アップデートがリリース--「Spectre v2」に対処
Microsoftは米国時間3月1日、「Windows 10」に対する累積アップデート「KB4482887」をリリースした。同アップデートには重要なセキュリティフィックス、すなわ
2019.03.04 ZDNet Japan
Google、ユーザー名とパスワードの流出を通知するChrome拡張機能を公開
Googleは5日、任意のWebサイトへログインする際、過去に流出したユーザー名とパスワードの組み合わせを使用していないかどうか確認するChrome拡張機能「Password Ch
2019.02.09 スラド
Mozilla、既知の個人情報流出の影響を通知するサービス「Firefox Monitor」を開始
headless曰く、Mozillaは25日、既知の個人情報流出にユーザーの電子メールアドレスが含まれている場合に通知するサービス「Firefox Monitor」を開始した(Th
2018.09.28 スラド
Apple、MacとSafari、Windows向けiCloudのセキュリティアップデート公開
「macOS High Sierra 10.13.5」では、AMDやIntelグラフィックスドライバなどプロセッサ関連の脆弱性も修正された。
2018.06.04 ITmedia ニュース
偽のICOサイトで投資家に警告--米証取委が開設
SECのウェブサイトには、投資家をそそのかしてお金をだまし取るのに使われる言葉やグラフィックスのあらゆる特徴が備わっている。例えば、大きなカウントダウンタイマーや、ほかの業界の大
2018.05.18 ZDNet Japan