想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。 当該製品にログインしているユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される - CVE-2020-5533 当該製品の HTTP サービスにログイン可能なユーザによって、root 権限で任意の OS コマンドを実行される - CVE-2020-5534...

関連キーワード